乾燥肌を解消して潤い肌を取り戻す|化粧品選びのコツを知ろう

ウーマン

美白や美肌に作用する

スキンケア

ビタミンCを効率よく補給

ビタミンCは、美白や抗酸化作用に優れている成分ですが成分自体は非常にデリケートで壊れやすく不安定です。その為、ビタミンCを化粧品に配合しても肌に効率よく浸透させることが出来ません。そこで、ビタミンCが肌に効率よく浸透するように改良したものがビタミンc誘導体になります。ビタミンc誘導体は、皮膚へのビタミンCの浸透力を高めるだけでなく皮膚に浸透してからビタミンCに変わるという特徴があります。そしてビタミンc誘導体の成分には水溶性のものと油溶性のものと水溶性と油溶性どちらの性質ももったものがあります。水溶性のものは、皮膚に吸収されやすく化粧水や美容液などに含まれます。油溶性のものは乳液やクリームに含まれます。

使う量に気を付ける

ビタミンc誘導体は、アンチエイジングに期待が出来る抗酸化作用をはじめ、肌の新陳代謝を促す働き、メラニンの生成を抑制してシミの発生を防ぐ作用があります。その他にも、肌を滑らかに保ち、皮脂の分泌量をコントロールする作用もあります。ビタミンc誘導体は肌に浸透しやすいので、シミやたるみ、シワ、ニキビなどあらゆる肌トラブルに対処することが出来ます。肌に良い作用がたくさんありますが、その分大量に使ってよいということではありません。一度に大量に使うと、もともと乾燥肌の人であれば更に乾燥しやすくなるので、乾燥しやすい人は少なめにして脂っぽい肌質の人は少し多めに使うなど肌質に合わせて量を調節する必要があります。